FC2ブログ

22世紀少年


    [E3 2014]高難度アクションRPG「Lords of the Fallen」がプレイアブル出展。さまざまな武器や地形を活用して敵を倒せ

     
     ドイツのDeck 13 Interactiveが開発し,ポーランドのCity Interactiveがパブリッシングを行う3人称視点型のアクションRPG「Lords of the Fallen」PC/PS4/Xbox One)が,E3 2014ブースでプレイアブル出展されていた。


     本作は,過去に葬り去られたと思われていた神(Fallen Lord)が,地底の悪魔たちを率いて人間世界に侵略してきたというストーリーのダークファンタジーだ。プレイヤーが操作するのは,犯罪者として顔中に刺青を入れられ,追放処分にされていたHarkinという男で,その師匠のような存在であるKasloとともに,神々からの奴隷的な扱いから逃れるため,そして地上から悪を完全に消し去るために戦い続けていくことになる。

     今回のE3会場では,本作の“β版の1歩手前”というPlayStation 4バージョンを使って,「The Catacombs」というエリアを比較的自由にプレイすることができた。
     使えるクラスはウォーリアー,ローグ,クレリックの3種類があったが,どのクラスでも好みの武器を利用できるようだ。基本的な武器となるのはスタッフで,これを矛槍やハンマーなどの大型武器に変えると,攻撃ダメージが増える代わりに移動力が低下する。逆に,二刀流のナイフで攻撃すれば,1回のアタックのダメージは減少するが,相手からの攻撃をかわすドッジがしやすくなった。加えて,本作では「ガントレット」という火炎系の魔法などを繰り出せるアイテムがあり,これを使って遠方にいる敵に先制攻撃を加えるのが良策であるようだ。

    Lords of the Fallen
    Lords of the Fallen

     本作は「DARK SOULS」PC/PS3/Xbox 360)にインスピレーションを受けたと開発者が話しているタイトルで,それだけに何度も敵に倒されながら,攻略法を編み出していくというスタイルが用いられている。しかし,例えば薄い木材で補強されただけの床に巨体のモンスターをおびき寄せ,足場を崩壊させてしまったり,突進してくる相手に崖の淵に立って戦ったりなど,マップをよく見て利用すれば,ダメージをほとんど受けることなく相手を倒すことも可能だ。
     また,モンスターを観察してみると,実は顔が膨れていて目が見えず,音が聞こえるとその方向に向かって闇雲に剣を振り回す,といった特徴を持っていたりする。こうした場合は,音を立てずに背後に回れる場所を探すといった戦い方もでき,いろいろと試行錯誤して自分なりの進め方を探れそうだ。

    Lords of the Fallen
    Lords of the Fallen

     本作の発売は2014年秋が予定されている。戦闘に特化した今回のデモでは,ストーリーが分かるようなシーンはなかったのものの,ゲーム中では会話できるNPCなども用意されており,30時間は楽しめるボリュームがあるとのこと。難度の高いアクションRPGが好きな人であれば,十分に楽しめるタイトルになりそうだ。


    「Lords of the Fallen」公式サイト

    4Gamer「E3 2014」記事一覧

    スポンサーサイト



    テーマ : 新作ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : E3 PCゲーム PS4

    [E3 2014]Co-opも楽しめるタワーディフェンス「Defense Grid 2」は2014年秋にリリース予定

      シアトルを拠点とするデベロッパHidden Path Entertainmentが開発中の新作タワーディフェンス系ストラテジー「Defense Grid 2」PC / PS4 / Xbox One /Mac)が,E3 2014商用エリアの505 Gamesブースで公開されていた。

     2008年にリリースされた前作「Defense Grid: The Awakening」は,Metacriticで100点中80点台をキープしている良作インディーズゲームで,2009年にはXbox 360版もリリースされている。ゲーム内容はいわゆるタワーディフェンス系のストラテジーゲームとなっており,パワーコアを盗むために侵攻してきたエイリアンに対し,さまざまな施設を設置して迎撃するというのがプレイヤーの役割だ。

    Defense Grid 2

    Hidden Path EntertainmentのCEO,ジェフ・ポブスト氏(左)と,505 Gamesで本作のプロデュースを行うマイケル・マイシャイド氏
     Defense Grid 2はその続編ということで,基本的なゲーム内容は前作と同様なのだが,今回公開されていたデモ版にはCo-opモードが追加されていた。これはオンライン専用というわけでなく,同じPCやコンシューマ機を用いた2人協力プレイにも対応しているとのこと。
     Co-op用のゲームモードとしては,プレイヤーが資源を共有する「Doubles」と,プレイヤーごとに資源/テリトリーが用意されている「Defense」の,2つのゲームモードが確認できた。今回は,505 GamesのプロデューサーであるMichael Meischeid(マイケル・マイシャイド)氏にガイドされる形で,Defenseモードを試遊してきた。

     Defense Grid 2をプレイしてまず感心させられたのは,ゲーム設計の親切さだ。本作では難度調整が可能なほか,エイリアンが通過するルートをあらかじめ表示したり,「Boost」という壁のようなオブジェクトで,エイリアンの進路を変更させたりできる。これらの機能を利用すれば,レーザー砲やミサイルタワーといった防衛施設を,初心者でも無駄なく設置することが可能である。

    Defense Grid 2

     エイリアンの侵攻は20ウェーブで構成されており,ウェーブが進むごとに迎撃難度が高まっていく。今回の試遊は低めの難度でプレイしたのだが,同画面を見ながら,どこにどんな防衛施設を設置しようかとアレコレ話し合いながら遊ぶのは楽しく,意外にも新鮮なものだった。

     今回はある意味パーティゲーム的な遊び方を試してみたわけだが,難度を高めれば当然シビアなゲームプレイが楽しめる。Defense Grid 2のリードデザイナーを務めるMark Terrano(マーク・テラーノ)氏といえば,「Age of Empire II」を手掛けた人物としても有名なので,ストラテジーゲームとしてのバランシングに関しては心配無用と言えるだろう。

    Defense Grid 2

     そんなDefense Grid 2は2014年秋に発売予定となっており,すでに日本語化の作業も進められているという。また,製品版にはレベルエディタが同梱される予定で,優れたマップは,同社が買い取って正式な拡張パックに収録するというプロモーションを行う予定もあるそうだ。タワーディフェンスタイプのゲームが好きな人は,ぜひ本作に注目しておいてほしい。

    「Defense Grid 2」公式サイト

    4Gamer「E3 2014」記事一覧

    テーマ : 新作ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : E3

    [E3 2014]「コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア」では高低差を生かしたアクションも導入。ディレクターのAaron Halon氏への合同インタビューを掲載

     
    コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア
     日本ではスクウェア・エニックスがパブリッシングし,字幕版が2014年11月13日に発売予定の「コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア」(原題:Call of Duty: Advanced Warfare。以下,CoD:AW)は,Call of Dutyシリーズの最新作。PC/PS4/PS3/Xbox One/Xbox 360でのリリースが予定されている。
     2054年の近未来を舞台に,世界最大の民間軍事会社(PMC)に所属する主人公が,最新軍事技術を活用した兵器を駆使して戦争を生き抜いていくという作品だ。開発は,「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」の制作に携わった,Sledgehammer Gamesが担当している。
     E3 2014のActivision Publishingブースでは,本作でディレクターを務めるSledgehammer GamesのArlon Halon(アーロン・ハロン)氏に対するメディア合同インタビューが行われたので,本稿ではその内容をお伝えしよう。

    「コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア」公式サイト


    Official Call of Duty®: Advanced Warfare Reveal Trailer

    Clik to Play
    Clik to Play


    CoD:AWで2054年の近未来を舞台にした理由とは?


    ――CoD:AWは2054年という未来が舞台になっていますが,なぜ時代設定を現代ではなく未来にしたのですか。

    Sledgehammer GamesのAaron Halon氏
    Aaron Halon氏(以下,Halon氏):
     新しいゲームを制作するにあたって考えたのは,ゲーマーが感情移入しやすい時代を舞台にするということです。未来的な要素を取り入れつつ,現代的なものも残したかったんですね。そのためには,近未来という時代設定が最も適していると判断し,今から40年後の2054年という設定にしました。

    ――今回の主人公は民間軍事会社(PMC)に所属しているとのことですが,世界のどの地域で戦うことになるのでしょうか。

    Halon氏:
     今回はPMCに焦点を当てているので,物語もPMCを中心に展開されますが,PMC対どこか,という単純な構図ではありません。我々がストーリーで最も大切にしているのは,一人のキャラクターの視点から物語を描くことですから。

    ――5月に公開されたReveal Trailerでは,近未来の兵器が登場していましたが,どのような武器や乗り物が登場するか,具体的に教えてもらえますか?

    Halon氏:
     CoD:AWの特徴の一つが,兵士達が近未来の最新軍事技術を活用した装備を身に付けていることです。身体能力をブーストする強化外骨格であったり,エネルギー弾を撃つ銃であったりと,未来的な装備は豊富に用意されています。
     また,兵士達の身体能力が高まっているので,高低差を生かしたアクションなども取り入れました。

    コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア

    ――強化外骨格を着た兵士なら人間以外とも戦えそうですが,「コール オブ デューティ ゴースト」や「コール オブ デューティ ブラックオプスII」のDLCのように,エイリアンゾンビなどと戦えるモードは本作に用意されますか?

    Halon氏:
     現時点ではお話できることはないのですが,DLCなど何かしらの取り組みは考えています。

    ――CoD:AWの制作では新しいゲームエンジンが使われているそうですが,今までのエンジンと比べて何が変わったのでしょうか。

    Halon氏:
     今回はPlayStation 4やXbox Oneといった次世代機に注力しているので,エンジンもそれに向けて改良してきました。分かりやすい部分では,ライティングなどを含めたグラフィックス周りの表現がよりリアルになっています。また,音響周りの品質も向上したので,今まで以上に没入感の高いゲームプレイが楽しめると思います。

    ──11月の発売を楽しみにしています。ありがとうございました。

    コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェアコール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア
    コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェアコール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア

    「コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア」公式サイト

    テーマ : PlayStation 4
    ジャンル : ゲーム

    tag : E3 PCゲーム PS4

    [E3 2014]貧弱な武装とスマホを手にアメリカの独立を目指せ。「Homefront: The Revolution」のライブデモがE3 2014で公開

      E3 2014の商談ブースで,Deep Silverの新作FPS「Homefront: The Revolution」PC / PS4 / Xbox One)がライブデモ展示されていた。

    「Homefront: The Revolution」公式サイト


    Homefront: The Revolution
    Homefront: The Revolution
     Homefront: The Revolutionは,2011年にリリースされたオリジナル作品「Homefront」の続編となるFPSだ。前作では,新たなリーダーの下で急成長した北朝鮮が,中国や日本などアジア諸国を破竹の勢いで制圧し,ついには経済危機に陥っていた2027年のアメリカにまで侵攻した……というストーリーが描かれていた。
     そして本作の舞台は,前作で描かれた物語の終了時点から4年後のフィラデルフィアとなる。フィラデルフィアといえば,アメリカ建国の象徴でもある街だが,ここでは北朝鮮に支配され,暫定的な首都になっているという設定だ。
     もちろん,アメリカ人によるレジスタンス活動は小規模ながら続けられている。そしてスラム化した無法地帯は「Red Zone」(レッドゾーン)として隔離されているのだが,そんな状況下で必死にレジスタンス活動を行い,独立に向けた機運を高めていくのがプレイヤーの役どころとなる。

    Homefront: The Revolution

     E3 2014会場で行われていたライブデモでは,そんなフィラデルフィアの情景をメインとしたゲーム紹介がなされた。フィラデルフィアの住民達は,北朝鮮軍の高圧的な支配にうんざりしており,トラブルに巻き込まれることを極度に恐れているようだ。プレイヤーが近くを通るたびに「このあたりにレジスタンスなんかいらないのよ」「こいつ銃を持ってるぜ。何か問題を起こすつもりだ」「こいつのせいで憲兵がやってくるよ」などといったヒソヒソ話が聞こえてくる。

     デモで紹介されたミッションは,政治犯として囚われている3人の仲間を脱走させるために,刑務所を襲撃するという内容だった。レジスタンスのアジトでは,リーダー格と思われる黒人女性を中心に火炎ビンを製造しているが,プレイヤーは先陣を切る形で,アーマーで完全武装した憲兵や,治安用ドローンに見つからないよう,裏通りや屋根などを移動しつつ,目的地を目指すことになる。

    Homefront: The Revolution

     ハイテク装備に身を包んだ敵とは比較にならないほど貧弱な武装のレジスタンスだが,苦しい状況下において,スマートフォンを積極利用して活路を開いていたのは印象的だった。今回のデモで確認できたのは,マップを確認したり,カメラを利用して敵を識別したりといった使い道だったが,ゲームの随所でスマートフォンが活躍しそうな雰囲気である。

    Homefront: The Revolution

     今年6月に制作発表が行われたばかりのHomefront: The Revolutionだが,Crytek UKが「CryENGINE 3.0」を使って開発しているタイトルだけに,ゲーム内容やグラフィックスの品質には大いに期待できそうだ(関連記事)。最大4人のプレイヤーでストーリーを進めていくCo-opモードが用意されるなど,システム面における見どころも多そうな作品なので,続報を楽しみに待ちたい。

    「E3 2014」4Gamer特設ページ

    テーマ : 新作ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : E3 PCゲーム PS4

    [E3 2014]「LittleBigPlanet 3」は新キャラクターの登場で,さらに凝ったステージ作りが可能に。プレイもクリエイトもこれまで以上に楽しそう!

     
    LittleBigPlanet 3
     プレイヤーの発想次第で自由にステージを作成できるだけでなく,それをオンラインで公開してほかのプレイヤーに遊んでもらえるクリエイト機能が話題になったLittleBigPlanetシリーズ。世界中に多くのファンを抱える同シリーズの最新作であるPlayStation 4用ソフト「LittleBigPlanet 3」が,北米時間の2014年6月9日に行われた「Sony E3 Press Conference」でお披露目されたことは,6月10日の記事でお伝えしたとおりだ。E3 2014のSony Computer Entertainmentブースでは,発表されたばかりの本作がプレイアブル出展されていたので,さっそく紹介してみたい。

    LittleBigPlanet 3LittleBigPlanet 3

    「LittleBigPlanet 3」公式サイト


     今回,試遊台に用意されていたバージョンは,4人のプレイヤーがそれぞれ異なるキャラクターを操作して,ステージを進めていくというものだ。
     ……しれっと書いてみたが,おなじみの人形のようなキャラクター「リビッツ」(海外ではSackboy)以外のプレイアブルキャラクターが登場するというのは,LittleBigPlanet 3における新要素である。新たに登場するのは,犬っぽい「Oddsock」と太っちょな「Toggle」,鳥のような「Swoop」の3種類で,それぞれが持つ能力を駆使することで,これまで以上にいろいろなステージに挑戦できるようになるのだ。

    LittleBigPlanet 3LittleBigPlanet 3
    LittleBigPlanet 3LittleBigPlanet 3

     新キャラクターの能力を具体的に紹介すると,まずOddsockはすばやく移動でき,壁を蹴ってジャンプすることで高所に登れる能力を持っている。
     Toggleは通常の太っちょな状態と,身体を小さくした状態を自由に切り替えて――ブースのスタッフは「チェンジリング」と呼んでいた――狭い場所でも通り抜けられる。さらに身体の大きさに合わせて重量も変化するので,太っちょな状態でジャンプ台の仕掛けを作動させてから,その反動が作用するときには小さくなって,より遠くまで飛んでいくといったテクニカルなアクションもできる。
     そして,空を飛べるSwoopは,足場の有無に関係なくステージを進めるという,ちょっとズルい気もするキャラクターとなっている。

    LittleBigPlanet 3

     というわけで,こうして新キャラクターの能力をまとめてみると,平凡なリビッツ君がなんだかかわいそうになってくるが,彼は彼でステージ上にあるパワーアップアイテムを活用できる能力を持つ。本作から登場する新アイテムとしては,風を送って障害物を押しのけたり,風車を回したりできるというものが披露されていた。

    LittleBigPlanet 3LittleBigPlanet 3
    LittleBigPlanet 3LittleBigPlanet 3

     試遊バージョンでプレイできたステージは,それぞれのキャラクターとその能力を紹介するためのものといった印象だったのだが,本作ではステージにさらなる奥行きが生まれている点にも注目しておきたい。これまでのLittleBigPlanetシリーズでは,初期位置から手前と奥という,3段階の奥行きがある形になっていたが,本作ではさらに奥に進むような演出が見られたのである。
     現在,公開されているトレイラーでも,1分13秒前後にステージの奥行きを活用してテニスをしているシーンが確認できるが,さらに凝ったステージを楽しめそうだ。

    LittleBigPlanet 3 - E3 2014 Announce Trailer

    Clik to Play
    Clik to Play

     LittleBigPlanetシリーズといえば,クリエイト機能も見逃せない。開発元であるSumo Digitalのスタッフに,クリエイト機能を少しだけ紹介してもらう機会があったのだが,LittleBigPlanet 3では,新たに60以上の新しいツールが追加されているとのこと。また,クリエイトの面においても,やはり新キャラクターの存在がポイントになっており,各キャラクターの専用ギミックをどのように配置するかが,プレイヤーの腕の見せどころになるようだ。

    LittleBigPlanet 3LittleBigPlanet 3
    LittleBigPlanet 3LittleBigPlanet 3
    LittleBigPlanet 3LittleBigPlanet 3

     とくに面白い機能として紹介されていたのが,「ステージにプレイアブルキャラクターを配置して,その大きさや見た目,パラメータを変更すると,その設定を自分のキャラクターにコピーできる」というものだ。E3 2014の会場では,ステージに配置したToggleを通常状態からさらに大きくして,見た目を雪男のように変更。さらに速さを1000倍にしてから自分にコピーすることで,「高速で走る巨大な雪男が完成!」というようなデモの実演があった。

    LittleBigPlanet 3

     デモでは,そこからToggleの「チェンジリング」を応用して,雪男からSwoopに変身できるという,まったくもってよく分からないキャラクターを作成。さらに「上級者向けの設定」と断ったうえで,キャラクターに属性を付加できるようになったことをアピールすべく,「尻から炎が出る」という設定まで組み込んでいた。
     その後,飛び立ったSwoopが哀れにも自らの炎で燃え尽きてしまったのだが,とにかく本作のクリエイト機能において,ステージだけでなくキャラクターにもさまざまな設定が行えるというのは重要なポイントといえるだろう。世界中のプレイヤーから,どのようなオリジナリティ溢れるキャラクターやステージがクリエイトされるのか,今から楽しみである。

    LittleBigPlanet 3LittleBigPlanet 3
    LittleBigPlanet 3LittleBigPlanet 3
    LittleBigPlanet 3

    「LittleBigPlanet 3」公式サイト

    4Gamer「E3 2014」記事一覧

    テーマ : PlayStation 4
    ジャンル : ゲーム

    tag : E3 PS4

    今 Amazon で最も売れてるゲーム


    プロフィール
    22世紀少年
    22世紀少年
    人気ブログランキング

    お買い得ゲーム
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    ユーザータグ

    PCゲーム PS3 PS4 3DS ポケモン ペルソナ FF 周辺機器 Conference EA Game Developers GDC PSP ペルソナ4 荒木飛呂彦 Titanfall ジョジョ キングダムハーツ E3 聖剣伝説 洋ゲー GTA 未来への遺産 Earth NINTENDO ポケットモンスター キャサリン Beyond メロエッタ 任天堂 ポケモンドール Steam コミコン LEGO Online GPU ジョジョの奇妙な冒険 Sim Nintendo Sid Civilization: エレクトロニック・アーツ Vita Civilization ホワイト2 ブラック2 メロエッタのキラキラリサイタル マックでDS ニンテンドーWi-Fi 幻のポケモン コネクション ベストウイッシュ キュレムVS 聖剣士ケルディオ ブラックキュレム ゆめしま フェスミッション チャンピオンズトーナメント ポケモンワールドトーナメント 隠れ特性 グローバルリンク ゆめポイント ひんやり穴 ドリームワールド おもいでリンク ホワイトキュレム ポケモンチャレンジ ポケモン立体図鑑BW ポケモン全国図鑑Pro ARサーチャー ポケモンだいすきクラブ LL ノーティドッグ プレイステーション3 ケルディオ Theft ベルゼブモン リ:デジタイズ デジモンワールド オメガモン HUNTER×HUNTER エクスペンダブルス2 ハンター×ハンター ワンダーアドベンチャー デジモン スクウェアエニックス シム ナルト Sims3 ソニー フィレンツェ ファイナルファンタジー アーカイブス ドルフ・ラングレン 中島愛 ズルッグ GAMING マヨナカアリーナ LOUNGE Comic‐Con ニンテンドー3DS International アトラス ATLUS FPS PlayStation キッザニア Halo Grand Auto カプコン アーケオス アセンブルロボット グラフィックボード グラフィックカード トロゲーム  ASUSTeK マザーボード XBOX パックマン GameSpy レトロゲーム ゲームボーイ ゲーミングマウス GTC Wizardry DirectX シムシティ Technology SCEA America Entertainment Computer Sony ドラゴンボール トロピコ トロピコ5 TROPICO WARS STAR バットマン アーカム・ナイト ウィッチャー WITCHER ZOIDS MOD インディーズゲーム どうぶつの森 アーケードスティック Razer Meier’s Tropico インディーゲーム Sims ドラクエ キーボード ボードゲーム Meier's City RTS プリキュア Activision アクティビジョン デッドプール メルヘンワールド ゲノセクト ポルナレフ DIO 承太郎 スクウェア・エニックス MARVEL Deadpool ニンテンドーダイレクト ポータル CUUSOO レゴ YouTube リアルスティール 海外ゲーム アイズオブヘヴン Xbox360 ユークス ヴァニラ・アイス ロードローラーだッ! バイオハザード ドラえもん 空条承太郎 アップデート PCパーツ ブラウザゲーム ストラテジー 都市建設 PixelJunk PSVITA アイカツ Cギアスキン カウントダウン エニックス スクウェア ピカチュウ すばらしきこのせかい ポートロイヤル ビギニングカップ 公式Wi-Fi大会 シミュレーション エンターテインメントバー 

    Amazonゲームランキング
    アンケート投票
    ゲームに関するアンケートです。良かったら投票してみて下さい。
    ブログランキング
    アクセスランキング
    検索ワードランキング
    レンタルCGI
    ページ内Google検索
    FC2ライブ
    現在配信中のライブ
    オススメリンク
    カウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR