FC2ブログ

22世紀少年


    [gamescom]「バトルフィールド1」のオープンβテスト向けマップ「シナイ砂漠」を,gamescom開幕前日のEAイベントでプレイ

    [gamescom]「バトルフィールド1」のオープンβテスト向けマップ「シナイ砂漠」を,gamescom開幕前日のEAイベントでプレイ




     ドイツ・ケルンで現地時間2016年8月17日に開幕するゲームイベント・gamescom 2016。Electronic Arts(以下,EA)は開幕前日となる8月16日に,関係者向けのイベントを開催した。
     「Grand Opening」と題されたこのイベントは,gamescom 2016のEAブースを関係者に一足早くお披露目するというもの。広大なブースには「バトルフィールド1」PC / PlayStation 4 / Xbox One)と「タイタンフォール 2」PC / PS4 / Xbox One),そして「FIFA 17」PC / PS4 /PS3 / Xbox One / Xbox 360)の試遊台がズラリと並ぶ。その数は数百台におよぶとのことで,まあなんちゅうか,すごいことになっていた。一般のゲームファンに直接リーチしたいという理由からE3 2016での出展を辞退したEAだけに,多くのファンが詰めかけるgamescomにはそれだけ力が入っているようだ。

     というわけで今回は,短時間ではあるがバトルフィールド1のPC版をプレイする機会を得たので,そのインプレッションをお届けしたい。用意されていたのはPC版で,楽しめたのは32人対32人の64人対戦だ。


    「バトルフィールド1」のgamescom公式トレイラー

    Clik to Play
    Clik to Play

     遊べたマップは「シナイ砂漠」8月16日に掲載した記事で,同マップを使用するオープンβテストが8月31日に実施されることをお伝えしたが,今回,それを一足早くプレイすることができたのだ。
     現地時間8月18日には一般入場も始まるのだが,そうなれば一般来場者もこれを遊べるわけで,うーん,ドイツの人達がうらやましい。ただし今回の試遊では画面の撮影が固く禁じられていたので,本記事に掲載したゲーム画像は,オフィシャルのものとなっている。

     試遊できたモードはシリーズお馴染みの「コンクエスト」で,勢力としてはオスマン帝国軍vs.イギリス軍となる。オスマン帝国は,さすがにシリーズ初登場だろうと思うが,筆者はそのオスマン帝国軍を担当した。彼らは一見すると,第二次世界大戦のドイツ・アフリカ軍団によく似た砂色の制服を着ている。

     既報のとおり,バトルフィールド1にはアサルト(突撃兵),サポート(援護兵),メディック(看護兵),そしてスカウト(偵察兵)という4種類の兵科が用意されているが,戦車でスポーンすると「戦車兵」に,また飛行機にスポーンすると「パイロット」といった兵科になる。これらの特殊な兵科は,たとえば「戦車の修理ができる」といった特技を持っているという。装備画面で,戦車や航空機が使用できる場合はそれを選んで出撃し,戦車兵やパイロットになるのだが,このシナイ砂漠ではもう一つ,「騎兵」が選択できた。そう,今作ではついに,馬に乗れるのだ。

    バトルフィールド1

     「馬は通常の搭乗兵器とは微妙に違う」と公式に言われていたが,どこが違うのかと言えば,乗り心地なのだった。当たり前だが,馬は機械ではなく生き物なので,たとえば高い崖から飛び降りようとすれば嫌がるし,乗り越えられないような障害は,それを迂回しようとしたりする。生き物らしさが巧みに再現されているのである。
     なお騎乗時の視点は三人称で,自分の騎馬姿をうっとり眺めることが可能だ。

     実際に馬に乗ると,車やバイクとは明らかに異なる挙動が非常にいい感じ。スピードはかなりあるものの,兵士はむき出しなので,常に移動し続けて目標にならないことが重要となる。武器としてはライフルとサーベルが使用可能で,筆者は成功しなかったものの,馬上から敵を斬り倒すこともできるという。これはもう,考えただけでカッコよすぎる。

     また装備画面からだけでなく,拠点にいる馬に乗ることもでき,このときは自分のキャラクターがヒラリと馬に飛び乗る場面が見られる。ただ,単騎ではどうしても迫力不足なので,分隊全員(5人)が馬に乗って騎馬突撃,なんてことができたらさらにカッコよさげだ。もっとも,マップ上に5頭の馬が同時に出現しうるのかは不明だが。

     戦いが進むと,やがて「装甲列車」が出現した。6月14日に掲載した「EA Play」(E3 2016)レポートでもお伝えしたとおり,戦いの中盤,負けている側に飛行船や戦艦などの巨大兵器が登場し,チームメンバーがそれらで砲撃したり爆撃したりすることで戦局を変えうるというフィーチャーが,バトルフィールド1には用意されているのである。装甲列車もその1つだ。
     しかしE3 2016のときに遭遇した飛行船と同様,今回も巨大兵器である装甲列車は敵チーム側に出現したため,乗ってみることはできなかった。仕方がないので装甲車に乗って列車に接近したところ,たちどころに破壊されたので,火力はかなりのものだと思われる。うーむ,乗ってみたかった。飛行船の場合は,破壊されると火だるまになって墜落し,地上の兵士が逃げ遅れると爆発に巻き込まれてしまったが,装甲列車にもそういう演出が用意されているに違いない。

    バトルフィールド1

     また,ちょっとしたことだが,本作では再リスポーンが可能だった。これは,リスポーンポイントが戦闘の中心から遠すぎると感じたときに実行するもので,自分のキャラクターがいったん死んで,別のリスポーンポイントを選ぶことができる。再リスポーンがチケットの増減やプレイヤーの戦績に影響するのかはよく分からなかったが,なにしろ戦場がかなり広いので,うっかり遠くの拠点にリスポーンしちゃうとドンパチやっているところまで走っていくのは,かなり難儀。それに対応するために用意されたのだろう。ただ,もしかすると,よりスピーディにプレイさせるための,試遊版のみの要素かもしれない。

    バトルフィールド1
    バトルフィールド1

     ボルトアクションの狙撃ライフル,スピードの遅いクラシカルな戦車,当たりにくい銃器,そして馬と,本作は現代戦と相当に異なる雰囲気となっており,「バトルフィールド1942」からやっているという人も,最近の現代戦のファンも新鮮な気持ちで楽しめそうだ。あっちで爆発,こっちで撃ち合いといったカオスな感じも,第一世界大戦というテーマにふさわしい。このシナイ砂漠が誰でも楽しめるのは,8月31日からだ。その日を楽しみにしたい。

    バトルフィールド1


    関連記事:

    「バトルフィールド1」公式サイト

    4Gamerのgamescom 2016記事一覧ページ

    スポンサーサイト



    テーマ : 新作ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : PCゲーム PS4

    [gamescom]「Call of Duty: Infinite Warfare」最新ムービーの内容をレポート。ゾンビモードは1970年代のアメリカンテイストに

    [gamescom]「Call of Duty: Infinite Warfare」最新ムービーの内容をレポート。ゾンビモードは1970年代のアメリカンテイストに


     ついに舞台を宇宙に移した「Call of Duty」シリーズ最新作「Call of Duty: Infinite Warfare」PC / PS4 / Xbox One)(以下,CoDIW)。ある意味で予想の斜め上を行く展開に戸惑うかのように発売前から賛否両論が絶えない作品となっているが,情報がなかなか公開されないこともそれに拍車をかけているのだろう。そんななか,gamescom 2016ではCoDIWの最新映像が公開されたので,その内容をレポートしたい。

    どこまで行っても宇宙は地獄


     gamescomで公開された最新の映像は,宇宙船の中でミッションを受けるところから始まる。なんでも太陽に近いアステロイドの基地が緊急ビーコンを最後に連絡を絶ったので,状況を調査するとともに,生存者がいれば救助して,チーム全員で生還しなくてはならないようだ。なるほど,作戦の流れ自体はいつものCoDである。
     一行はアステロイドに接近し,太陽のフレア(?)を避けつつ谷間に降下し,基地に乗り込む。

    Call of Duty: Infinite Warfare

     基地内部は大きく破壊されており,宇宙服を着た状態で死んでいる人間も見つかる。この基地で何かがあったのは間違いなさそうだが,原因が分からない。
     さらに調査を続ける一行だが,なにしろ太陽が目と鼻の先にあるような過酷な環境の小惑星だ。夜と昼は短期間で入れ替わるし,その短い昼の間,外気温は摂氏800度にまで上昇する。しかるに,それがなくても太陽の影響などで外界は灼熱地獄と化している。

    Call of Duty: Infinite Warfare

     そんな地獄の只中を全力で走りぬけながら基地の調査を進めるうち,一行は突如,基地に配備されていた作業用ロボットに襲われる。素早くロボットのアームを破壊して事なきを得るものの,この基地に惨劇をもたらしたのはロボットの暴走ではないか,という疑念が高まる。そしてその疑念の通り,たくさんのロボットが一行に襲いかかろうとしていた……というところでムービーは終了となった。

    Call of Duty: Infinite Warfare


    Modern WarfareのHDリメイク,そしてゾンビ


     ちなみにこのムービーにはもう2つ,おまけがついていた。

     1つ目はシリーズに大きな影響を与えた「Call of Duty: Modern Warfare」のHDリメイク動画だ。さすがにもうネタバレしても良い作品だと思うのでざっくりと解説すると,ヘリからの攻撃に始まって最終的に核攻撃のシーンに至る,あの一連の流れをHDクオリティでリメイクした動画である。
     HDリメイク版として,画像の美しさや演出の派手さは申し分なく,かつての名作をこの画質で楽しめるというのは,なかなか嬉しい話だ。これを機に,またCoDMWの対人サーバーが盛り上がってくれたりすると,筆者としても非常に嬉しい。

    Call of Duty: Infinite Warfare
    Call of Duty: Infinite WarfareCall of Duty: Infinite Warfare

     もう1つは,「出す」と予告されていた,CoDIWのゾンビモードである。
     このゾンビモード,前々から「CoDIWの世界観とはまったく異なるゲームになる」と発表されていたように,蓋を開けてみれば1970年代のアメリカンテイストが充満する世界観になっていた。好きな人にはたまらないが,この発想がCoDIWのどこから出てきたのか,とても気になる。いや確かに「違う」とは明言されていたんだけど……。

    Call of Duty: Infinite Warfare
    Call of Duty: Infinite WarfareCall of Duty: Infinite Warfare

    Clik to Play
    Clik to Play


    やっぱり宇宙は怖いところです


     というわけで,以上が「CoDIWをついに試遊できるぞと思い込んで1時間の列に並んでみたら,案内された先はミニシアターだったでござる」という体験をした筆者渾身のレポートである。いやあ,事前に「これって試遊できるんですか?」と聞いておくのは大事ですね。
     それはともかく,筆者も実はCoDIWに対しては懐疑的というか,「なんで宇宙!?」と思っていた一人であった。しかしながら,順番待ちの列に並びながらCoDIWのさまざまな動画を見ているうちに,CoDIWに対する期待感が一気に高まってきてしまったことは,ここで告白しておくべきだろう。

    Call of Duty: Infinite Warfare

     というのも,筆者が好きなFPSタイトルを5つ挙げろと言われたら必ず入る作品として「Shattered Horizon」という宇宙を舞台にしたFPSがあるのだが,このCoDIWには,かの作品のテイスト(上手く動くこともままならない宇宙空間で撃ちあう)を随所に感じるのだ。
     というわけで,Shattered Horizonファンの1人として,CoDIWには改めて強い期待を寄せておきたい。そして読者の皆様も,これを機会に是非,Shattered HorizonでCoDIWの予習なぞしてみてはいかがだろうか。映画「ゼロ・グラビティ」あたりで「人類に宇宙はまだ早いんだな」というのを実感してみるコースも,あわせてオススメだ。

    「Call of Duty: Infinite Warfare」公式サイト

    4Gamerのgamescom 2016記事一覧ページ

    テーマ : 新作ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : PCゲーム PS4

    [gamescom]「マフィア III」のプレゼンテーションで,バイオレンス度の高い戦闘シーンを確認してきた

    [gamescom]「マフィア III」のプレゼンテーションで,バイオレンス度の高い戦闘シーンを確認してきた



     北米で2016年10月7日,日本では10月27日の発売が予定されている「マフィア III」PC / PlayStation 4 / Xbox One)は,広大なオープンワールドを舞台とした三人称視点のクライムアクションだ。本作のプレゼンテーションが,ドイツ・ケルンで開催されているgamescom 2016の2Kブースで行われたので,その模様をお伝えしよう。

    マフィア III

     なお,プレゼンテーションはムービーによるゲームの概要説明と,開発者のデモプレイという形で行われた。例によって,写真撮影および録音は禁止されていたので,本稿ではgamescom 2016に合わせて公開された最新ムービーとスクリーンショットを掲載している。

    Gamescom 2016 Trailer

    Clik to Play
    Clik to Play

    「マフィア III」公式サイト


     これまでにもお伝えしているように,「マフィア III」の主人公はベトナム帰りの黒人青年,リンカーン・クレイだ。舞台はアメリカ南部の都市,ニューボルドー(モデルはもちろん,ニューオーリンズ)である。
     第1作「マフィア」が1930年代,その続編「マフィア II」が1940~50年代を舞台としていたのに対し,「マフィア III」では1968年が背景となる。日本人にはちょっとなじみが薄いかもしれないが,時はまさにアメリカ黄金期。それと同時にベトナム戦争やキング牧師の暗殺などがあり,政治的にも社会的にも荒れた時代でもあった。

    マフィア III

     ニューボルドーは10の区画(District)に分かれており,高層ビルの立ち並ぶDowntown,高級住宅街のFrisco Fields,フランス植民地の香りが漂うDelray Hollowなど,それぞれに特色がある。しかし,Delray Hollowは「ヘロインの生産地」,Frisco Fieldsには「白人至上主義者の巣窟」という具合に裏の顔も持っているようだ。

    マフィア IIIマフィア III

     イタリアマフィアの裏切りに遭い,「ファミリー」だった黒人組織を皆殺しにされたクレイは,マフィアへの復讐を続けながら,各区画の裏社会を支配下に置くために縄張り争いを繰り広げていく。

    マフィア III

     今回のプレゼンテーションで公開されたデモミッションは,Downtownのロイヤルホテルにオフィスを構えるマフィアの重要人物,Tony Derazioを殺害するというもの。三つ揃いの背広を着こんだビジネスマンのような見かけだが,裏切り者を問答無用で射殺する冷酷な男だ。

    マフィア III

     クレイは,まず武器を手に入れることになるが,闇の商人がオレンジ色のバンに乗って武器を運んでくるというシステムになっている。武器が必要になったときには,いつでもこのバンを呼び出せる模様だ。サブマシンガンやサイレンサーなどを購入していたが,ヘルスパックのようなアイテムも買えるようになっていた。ただし,この便利なバンがゲームの序盤から利用できるのかは不明だ。

    マフィア III

     ニューボルドーの南部は湿地帯になっており,そこを高速ボートで移動するなど,車のほかにもさまざまな乗り物が用意されている。ただ,今回はそのまま車に乗って,標的が待つロイヤルホテルへ駆けつけた。
     戦闘ではカバーアクションが欠かせないようで,壁や障害物に隠れて銃を撃つのがメインだ。画面のモードを切り替えると敵の居場所が赤くハイライト表示されるといった,プレイヤーに有利なフィーチャーも用意されており,空挺部隊員としてベトナムに赴いたクレイの戦闘能力が表現されている。

    マフィア III

     敵の背後からそっと忍び寄って,銃やナイフで仕留める場面も確認できたが,Tony Derazioの手下はたいてい「やっちゃってください」とばかりに,背中を向けて無防備だったので,ステルスキルは容易な印象だ。
     第1作で高難度の戦闘に散々泣かされた筆者としては,隔世の感を覚えなくもないが,まあ,デモですし。

    マフィア IIIマフィア III

     やがて,地下のガレージからエレベーターを使ってオフィスに向かうと,このあたりから撃ち合いが激しくなる。接近戦では敵を床に転がしたり壁に押し付けたりして,ショットガンで頭を撃ち抜くという「処刑スタイル」のファイナルムーブが用意されているほか,相手の顔にナイフを突き立てるという場面もあり,バイオレンス度はかなり高い。

    マフィア III

     そして,Tony Derazioを追い詰め,最後は高層ビルの最上階から彼を突き落として始末するクレイ。興味深いのは,クレイのこの行為により,マフィアに対する市民の感情が少しずつ変わっていくことが分かるシーンが挿入されていた点だ。どうやらクレイの復讐は,大きな社会的うねりを伴ったものになっていくらしい……というあたりでデモは終了した。

    マフィア III

     グラフィックスは美しく,街灯を反射してキラキラ光る車が,繁栄を続ける1960年代のアメリカらしい雰囲気を生み出している。自由度の高いオープンワールドを採用しつつ,ストーリーテリングを重視するという難しいことに挑戦している「マフィア III」。その仕上がりが非常に気になるプレゼンテーションだった。続報を楽しみに待ちたい。

    マフィア III
    マフィア III
    マフィア III
    マフィア III
    マフィア III
    マフィア III

    「マフィア III」公式サイト

    テーマ : PlayStation 4
    ジャンル : ゲーム

    tag : PCゲーム PS4

    [gamescom]「NieR:Automata」のPC(Steam)版配信が海外で発表

    [gamescom]「NieR:Automata」のPC(Steam)版配信が海外で発表





     スクウェア・エニックスが2017年初頭に国内発売を予定している,プラチナゲームズが開発中のPlayStation 4用新作アクションRPG「NieR:Automata」。「ニーア レプリカント」「ニーア ゲシュタルト」の続編として大きな期待がかかるシリーズ最新作だが,どうやら本作はPS4だけでなく,PCでも登場するようだ。配信プラットフォームはSteamで,配信開始予定時期はPS4版と同じ2017年初頭

    NieR:Automata

     これは,ドイツ・ケルンで開催中のgamescom 2016に合わせてSquare Enixが配信した海外向けプレスリリースで明らかになったもので「PCでもリリースされる」という情報以外は今のところなし。Steam配信版が日本語で遊べるのか,UIと字幕と音声はそれぞれどうなるのかといった詳細は不明だが,“PCで登場する”ということ自体はPCゲーマーにとっては朗報だろう。国内に向けたなんらかの発表を待ちたいところだ。

     なおgamescom 2016の開催に合わせて,本作のテーマ曲J'Nique Nicole(ジュニーク・ニコール)さんEmi Evans(エミ・エヴァンス)さんがそれぞれ歌う,2バージョンの動画(というか基本的には音声のみ)がYouTubeで公開されている。「早くPC版の詳細を!」という人は,これを聴いて心を落ち着けたり盛り上げたりしておくといいかもしれない。

    テーマ曲 J'Nique Nicole Version

    Clik to Play
    Clik to Play

    テーマ曲 Emi Evans Version

    Clik to Play
    Clik to Play

    「NieR:Automata」公式サイト

    4Gamerのgamescom 2016記事一覧ページ


    NieR:Automata
    NieR:Automata
    NieR:AutomataNieR:Automata

    テーマ : 新作ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : PCゲーム

    「ペルソナ5」全国プレミアム体験会参加者の感想「みんなのこえ」を公式サイトで公開

    ペルソナ5」全国プレミアム体験会参加者の感想「みんなのこえ」を公式サイトで公開




    ペルソナ5』公式サイト更新!
    全国プレミアム体験会参加者の感想「みんなのこえ」を公開


    この度アトラスは、PlayStation 4&PlayStation 3用ソフト『ペルソナ5』の公式サイトを更新いたしました。プレミアム体験会参加者の感想を特設サイトにて公開したことをお知らせいたします。

    ペルソナ5』全国プレミアム体験会
    東京・大阪・仙台会場参加者の感想「みんなのこえ」を大公開!


    ペルソナ5』プレミアム体験会東京会場(東京国立博物館、ヒューリックカンファレンス)2会場を併せた参加者の感想と大阪会場、仙台会場の参加者の感想を特設サイトにて公開したことをお知らせいたします。こちらはTGS2016特設サイト「東京ゲームショウに参上します」よりご覧いただけます。また、名古屋・福岡各会場についても順次公開を予定しております。

    ペルソナ5

    『ペルソナ5』公式サイトのキャラクターページに「ベルベットルームの住人達」が新たに公開!!詳細は公式サイト「キャラクター」ページよりご覧いただけます。

    ペルソナ5

    「ペルソナ5」公式サイト

    テーマ : PlayStation 4
    ジャンル : ゲーム

    tag : PS4 ペルソナ

    今 Amazon で最も売れてるゲーム


    プロフィール
    22世紀少年
    22世紀少年
    人気ブログランキング

    お買い得ゲーム
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    ユーザータグ

    PCゲーム PS3 PS4 3DS ポケモン ペルソナ FF 周辺機器 Conference EA Game Developers GDC PSP ペルソナ4 荒木飛呂彦 Titanfall ジョジョ キングダムハーツ E3 聖剣伝説 洋ゲー GTA 未来への遺産 Earth NINTENDO ポケットモンスター キャサリン Beyond メロエッタ 任天堂 ポケモンドール Steam コミコン LEGO Online GPU ジョジョの奇妙な冒険 Sim Nintendo Sid Civilization: エレクトロニック・アーツ Vita Civilization ホワイト2 ブラック2 メロエッタのキラキラリサイタル マックでDS ニンテンドーWi-Fi 幻のポケモン コネクション ベストウイッシュ キュレムVS 聖剣士ケルディオ ブラックキュレム ゆめしま フェスミッション チャンピオンズトーナメント ポケモンワールドトーナメント 隠れ特性 グローバルリンク ゆめポイント ひんやり穴 ドリームワールド おもいでリンク ホワイトキュレム ポケモンチャレンジ ポケモン立体図鑑BW ポケモン全国図鑑Pro ARサーチャー ポケモンだいすきクラブ LL ノーティドッグ プレイステーション3 ケルディオ Theft ベルゼブモン リ:デジタイズ デジモンワールド オメガモン HUNTER×HUNTER エクスペンダブルス2 ハンター×ハンター ワンダーアドベンチャー デジモン スクウェアエニックス シム ナルト Sims3 ソニー フィレンツェ ファイナルファンタジー アーカイブス ドルフ・ラングレン 中島愛 ズルッグ GAMING マヨナカアリーナ LOUNGE Comic‐Con ニンテンドー3DS International アトラス ATLUS FPS PlayStation キッザニア Halo Grand Auto カプコン アーケオス アセンブルロボット グラフィックボード グラフィックカード トロゲーム  ASUSTeK マザーボード XBOX パックマン GameSpy レトロゲーム ゲームボーイ ゲーミングマウス GTC Wizardry DirectX シムシティ Technology SCEA America Entertainment Computer Sony ドラゴンボール トロピコ トロピコ5 TROPICO WARS STAR バットマン アーカム・ナイト ウィッチャー WITCHER ZOIDS MOD インディーズゲーム どうぶつの森 アーケードスティック Razer Meier’s Tropico インディーゲーム Sims ドラクエ キーボード ボードゲーム Meier's City RTS プリキュア Activision アクティビジョン デッドプール メルヘンワールド ゲノセクト ポルナレフ DIO 承太郎 スクウェア・エニックス MARVEL Deadpool ニンテンドーダイレクト ポータル CUUSOO レゴ YouTube リアルスティール 海外ゲーム アイズオブヘヴン Xbox360 ユークス ヴァニラ・アイス ロードローラーだッ! バイオハザード ドラえもん 空条承太郎 アップデート PCパーツ ブラウザゲーム ストラテジー 都市建設 PixelJunk PSVITA アイカツ Cギアスキン カウントダウン エニックス スクウェア ピカチュウ すばらしきこのせかい ポートロイヤル ビギニングカップ 公式Wi-Fi大会 シミュレーション エンターテインメントバー 

    Amazonゲームランキング
    アンケート投票
    ゲームに関するアンケートです。良かったら投票してみて下さい。
    ブログランキング
    アクセスランキング
    検索ワードランキング
    レンタルCGI
    ページ内Google検索
    FC2ライブ
    現在配信中のライブ
    オススメリンク
    カウンター
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR